久留米工業大学

久留米工業大学

お知らせ

NTTドコモと5Gを活用した自動運転車いすに関する覚書を締結しました

ホーム 新着情報 お知らせ NTTドコモと5Gを活用した自動運転車いすに関する覚書を締結しました

久留米工業大学

新着情報

2020.11.06

NTTドコモと5Gを活用した自動運転車いすに関する覚書を締結しました

 久留米工業大学(学長:今泉 勝己/以下、「久留米工業大学」)と株式会社NTTドコモ九州支社(執行役員九州支社長:齋藤 武/以下、「ドコモ」)は、久留米工業大学が提供する「対話型AI自動運転車いすパートナーモビリティ」(以下、「パートナーモビリティ」)の自律走行において、5Gを活用した「リモート手助け」の協働検討に関する覚書を締結しました。「リモート手助け」とは5Gを活用した高精細な映像伝送や遠隔操縦を用いて遠隔地のスタッフが手助けすることにより、介助者なしでも自由に移動できる技術です。
 本取り組みを通して、久留米工業大学とドコモはパートナーモビリティの安全性と信頼性を高め、医療や介護の現場だけでなく、日常生活においても誰もがいきいきと活躍する社会の実現と、医療介護スタッフの負荷軽減を実現することで、労働人口減少に対する社会課題の解決をめざしていきます。
【お問い合わせ】
交通機械工学科 学科長
インテリジェントモビリティ研究所 所長
教授 東 大輔
〈プレスリリースはこちら〉

新着情報

資料請求
工学を学ぶことは「ものづくり」の楽しさを学ぶこと。
先人たちの「ものづくり」の魂を受け継ぎながら、明るい未来へとつないでいく、
久留米工業大学についての詳しい資料をお送り致します。
資料請求する