久留米工業大学

久留米工業大学

大学院紹介

大学院概要

大学院紹介

大学院概要

久留米工業大学大学院の構成

久留米工業大学大学院は3つの専攻(エネルギーシステム工学専攻、自動車システム工学専攻、電子情報システム工学専攻)で構成されています。
エネルギーシステム工学専攻は主に「機械システム工学科」と「建築・設備工学科」の学生が進学しています。自動車システム工学専攻は主に「交通機械工学科」の学生が進学しています。電子情報システム工学専攻は主に「情報ネットワーク工学科」の学生が進学しています。
しかし、各専攻でより専門知識を学び、社会貢献をおこないたい学生は学科問わず門戸は開かれています。

image

学費や奨学生制度、TA制度

学費

久留米工業大学大学院に進学した際には以下の学費等を納入する必要があります。
入学金 220,000円
学納金 年間内訳

単位:円

  授業料 教育充実費 実験実習費 委託徴収費
前期 350,000 100,000 60,000 11,750 521,750
後期 350,000 100,000 60,000 15,000 525,000

特別奨学生

久留米工業大学工学部を卒業して引き続き本学大学院への入学を希望する者で、大学院推薦入学試験に合格した者の中から、学科長が推薦し、かつ3年次終了時点の当該学科での成績(GPA評価)上位5%以内を第1種特別奨学生、上位15%以内を第2種特別奨学生として、授業料の全額および半額免除とする特別奨学生制度があります。

また3年次に本学工学部に編入学し、卒業して引き続き本学大学院への入学を希望する者で、大学院推薦入学試験に合格した者の中から、学科長が推薦し、かつ3年次の修得単位が45単位以上でかつ秀、優の単位が40単位以上の者を第1種特別奨学生、また修得単位が45単位以上でかつ秀、優の単位が36単位以上の者を第2種特別奨学生として、授業料の全額および半額免除とする特別奨学生制度があります。編入学の場合には第1種および第2種奨学生は各1名ずつとなります。

TA制度

久留米工業大学大学院では大学教育の充実と大学院学生のトレーニングの機会提供を図るとともに、これに対する手当ての支給により大学院生の処遇の改善の一助とすることを目的としたTA(Teaching Assistant)制度を導入しています。大学院学生に対して学部講義のサポートに率先して参加してもらい、大学生への教育に関わることで、より優れた人材への成長を期待しています。

学位論文審査基準

審査体制

  • 1.審査委員会は、修士課程の指導教員3名以上で構成する。
  • 2.審査委員会に主査を置く。主査は、研究指導を担当する資格を有する教授または准教授とする。
  • 3.審査委員会は、学位論文の審査にあたって必要があるときは、他大学の大学院または研究所等の教員等に副査として協力を求めることができる。
  • 4.審査委員会は、提出された学位論文に係る論文発表会を審査の一環として公開できる。
  • 5.審査委員会は、論文発表会をおこなうときは、申請者に必要な事項を通知するとともに、各専攻の掲示板等に任意の様式で実施日程を公示する。

評価項目

  • 1.論文の学術的意義、新規性、創造性、応用的価値の有無
  • 2.研究成果の論理的説明力、研究推進能力、研究分野に関する幅広い専門的知識及び倫理性の有無

以上を、ディプロマポリシーを勘案して審査する。

評価基準

  • 1.上記評価項目を全て満たした学位論文を合格とする
  • 2.審査委員会は、学位論文の合否について、審査委員の4分の3以上で決する。
  • 3.研究科委員会は、審査委員会の報告に基づいて審議し、学位論文及び最終試験の合否を決定する。

久留米工業大学大学院を修了した学生の進路

エネルギーシステム工学専攻

阪神内燃機工業(株)、日精(株)、テラテック(株)、喜楽鉱業(株)、(株)ワイテック等

電子情報システム工学専攻

(株)DIP【RPA(Robotic Process Automation)や AI(Artificial Intelligence)の仕事に従事】、スマートインプリメント(株)、ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング(株)

自動車システム工学専攻

ダイハツ九州(株)、(株)ホンダテクノ、高校教員等

各専攻での研究テーマ

エネルギーシステム工学専攻

テーマ
微細気泡を用いた気液混合燃料による革新的な燃焼改善技術の開発【立道 悟(修士2年生)】
概要
ディーゼル機関は、クリーンディーゼルとして、日本でも一般乗用車で搭載が進んでいる。ディーゼル機関は軽油を燃焼させることで有害物質が発生することから、その処理装置が高額である。しかしながら、低減技術の開発には限界がきており、燃料油や吸入空気に対する改善技術しか残されていない。そこで、燃料に微細な気泡であるUFBを混入した気液混合燃料を開発し、高温場で微細気泡が膨張することで燃料と効率的に混ざり合う予混合気が形成でき、燃焼性の向上が期待できる。これらから、NOxやPMの低減と同時に、燃費の向上が達成できた。多方面の企業から注目された技術であり、特に燃料と気体を混入する技術開発が重要である。

電子情報システム工学専攻

テーマ
IoT技術を活用した服薬支援システムの開発【中嶋智保(修士2年生)】
概要
日本は超高齢化社会と言われており、高齢者の1人暮らしやその延長で孤独死も増えています。昨今、高齢者の安全な暮らしを支えるシステムは多く開発・販売されています。その中でも私は健康維持に重要とされる服薬動作に注目しています。薬を飲み忘れないようにアプリ等で通知するシステムや、仕分け箱も存在しますが、私はクラウドサービスと組み合わせた服薬支援システムの開発を行っています。具体的には薬箱内でRaspberry Piという小型のコンピュータでセンサを動作させ、薬の有無などを検知します。そして薬の状態をAWSというクラウドサービスを用いて、メール配信します。またAmazon Echoによる音声呼びかけシステムを作製しています。高齢者の服薬支援だけでなく遠く離れた家族等にも安心が伝わるシステムの開発を目指しています。

自動車システム工学専攻

テーマ
次世代自動車のデザイン提案【古賀旅人(修士1年生)】
概要
電気自動車のユーザーのニーズや最新技術の調査を行い、電気自動車のレイアウトを生かしたスタイリングの提案を行う。

学部学科・大学院

資料請求
工学を学ぶことは「ものづくり」の楽しさを学ぶこと。
先人たちの「ものづくり」の魂を受け継ぎながら、明るい未来へとつないでいく、
久留米工業大学についての詳しい資料をお送り致します。
資料請求する