久留米工業大学

久留米工業大学

奨学金制度

高等教育の修学支援新制度における本学での手続きについて

ホーム 学生生活 奨学金制度 高等教育の修学支援新制度における本学での手続きについて

令和元年9月20日、本学は、大学等における修学の支援に関する法律(令和元年法律第8号)に基づき、文部科学省から高等教育修学支援新制度の対象機関として認定を受けました。本学における申請等の手続きについて以下のとおりお知らせします。

本学における申請等の手続きについて(2020年度対象者の流れ)

募集・申請に係るスケジュールなどの詳細は、決定次第ポータルサイトや学内掲示板等でお知らせします。

(A) 入学予定者

(入学手続時)
  1. 合格発表後、本学に入学予定で高等教育の修学支援新制度に申請している旨を入試課(0942-65-3488)へ連絡してください。手続き流れや納入期間の猶予についてご説明させていただきます。
  2. 申請結果が届きましたら、その結果を入試課へ連絡してください。
    (不採用の場合)
    改めて納入期日を示した納付書を送付いたします。
    (予約採用候補者として採用された方)
    予約採用候補者通知書(学校提出用)の写しを提出してください。
    書類確認後、改めて納入期日を示した納付書(入学料・授業料を除く)を送付いたします。
    (入学後)
  3. 進学届・授業料減免申請書(A様式1)を所定の期日までに提出してください。
    手続き方法については、4月のオリエンテーション期間中に説明会を行います。
  4. 5月以降に給付金額決定後、減免後の納付書(入学金・授業料)を送付しますので6月30日までに納付してください。(コロナウイルス感染症の影響を鑑み、納付期限は7月31日までに変更となっています。)

(B) 在学生

学費の納入については、本申請に係る日本学生支援機構の採用決定通知が4月以降になるため、5月以降に決定後の納付書を送付させていただきます。尚、納付期限は6月30日となります。(コロナウイルス感染症の影響を鑑み、納付期限は7月31日までに変更となっています。)

(C) 後期以降の手続について

後期授業料の減免継続願(A様式2)提出期限は7月~9月の指定する期間
翌年度前期授業料の減免継続願(A様式2)提出期限は1月~3月の指定する期間

  • 手続の詳細は、別途説明会を行います。説明会の日程は決まり次第掲示板等でお知らせします。
  • 家計基準の審査が毎年9月に行われ、支援区分に変更がある場合10月から適用されます。
  • 学業基準の審査が毎年3月に行われ、成績や出席不良の場合は支援の廃止になることがあります。
  • 年度途中で休・退学をした場合、その時点で学業基準の判定を行い、不適格であった場合は給付型奨学金・減免された授業料の返還を求められます。
  • 給付型奨学金の継続手続については給付型奨学生のしおりで確認してください。

高等教育の修学支援新制度に関する関連情報

機関要件の申請に関する情報はこちら

学生生活

資料請求
工学を学ぶことは「ものづくり」の楽しさを学ぶこと。
先人たちの「ものづくり」の魂を受け継ぎながら、明るい未来へとつないでいく、
久留米工業大学についての詳しい資料をお送り致します。
資料請求する