久留米工業大学

s

新着情報 クラブ・サークル 第25回全日本大学女子駅伝対抗選手権大会、応援ありがとうございました!

新着情報

受験生の方へ

久留米工業大学

新着情報

2007.11.06

第25回全日本大学女子駅伝対抗選手権大会、応援ありがとうございました!

10月28日(日)に行われた、第25回全日本大学女子駅伝対校選手権大会においては、たくさんのご声援ありがとうございました。

初出場で20位という結果で終えることができました。
6区で繰り上げスタートとなり、襷は繋げなかったものの16名の部員、監督、コーチ、その他多くの方々との心の襷はしっかりとゴールまで運ぶことができました。

選手コメント

1区・蓮池杏奈 (6k 区間16位)
 今回、1区を走りましたが全国トップレベルの選手と肩を並べて走ることができ、とてもいい経験をさせてもらいました。この大会で得たことを活かしてこれからもっと上を目指していきたいです。

2区・田中絵美里 (6.6k 区間22位)   
全国という大きな舞台を走らせてもらえた事に嬉しく思います。私達がここまで辿り着けたのは周りの方々のたくさんの支えがあり応援してもらったおかげです。本当に感謝します。これを私達の力とし、大会当日はみんながひとつとなり自分達の力を精一杯発揮することができました。本当にありがとうございました。

3区・森永美紀 (9.1k 区間22位)  
初出場ということで常にチャレンジ精神で大会を迎えることができました。2区の田中が必死に力を振り絞り笑顔で襷を渡してくれ、サポートを含めた皆の思いを感じながらスタートをきりました。苦しみながらも4区西川に笑顔で襷を渡して送り出したいという思いで必死に走りました。アンカー上土井まで襷が繋がらなかった事は悔しかったですが、この舞台に立てたことに感謝しています。本当にありがとうございました。

4区・西川佳余 (4.9k 区間17位)  
 初めての大舞台ではありましたが、皆様の応援に背中を押してもらい精一杯自分の走りができました。本当にありがとうございます。今回の経験を今後の競技生活に活かし自分自身のレベルアップを目指して、また来年も全日本に出場できるようこれからも頑張っていきたいと思います。

5区・松野真幸 (4k 区間21位)  
 トップレベルの選手に肩を借りて走る事ができました。6区の中継所で襷を繋ぐことができなかったのですが、6人全員が大学の襷をつけて走れたことが一番嬉しかったです。(6区だけは繰り上げスタートでも母校の襷をつけて走ることができる。5区までの区間で繰上げになった場合は白い襷)
4年間ずっと目標にしてきた大会だったので選手として走れたことにすごく感謝しています。20位という結果をいただき、誰一人怪我することなくスタートラインに並び、ゴールテープをきれたことが本当に幸せです。

6区・上土井未来 (8k 区間19位) 
繰上げスタートとなり、1区から5区の選手がかけた襷をつけて走ることは出来ませんでしたが、当日はこれまでにないチームワークがあり、コースで応援してくださった方々や、日頃からいろいろな面で支えてくださっているたくさんの方々に感謝しながら「少しでも前で」という思いで全日本という舞台をゴールまで思いっきり走ることができました。無事に全日本を迎えられたのは、いつも温かく応援してくださる方々のおかげだと思っています。私は今年度卒業となりますが、この経験を活かし来年また後輩達が全日本を走れるよう最後までサポートしていけたらと思っています。


20位 2:20:28 久留米工大
第1区 6.0km  第2区6.6km   第3区9.1km   第4区4.9km   第5区4.0km 第6区8.0km
蓮池 杏奈   田中 絵美里  森永 美紀   西川 佳余   松野 真幸   上土井 未来
( 16) 20:34  ( 22) 24:01  ( 22) 33:40   ( 17) 17:30   ( 21) 15:25   ( 19) 29:18
( 16) 20:34  ( 17) 44:35  ( 21) 1:18:15  ( 20) 1:35:45  ( 21) 1:51:10  ( 20) 2:20:28