久留米工業大学

s

新着情報 お知らせ 「NTTドコモアプリアワード2012優秀賞」受賞!

新着情報

受験生の方へ

久留米工業大学

新着情報

2013.03.12

「NTTドコモアプリアワード2012優秀賞」受賞!

   本学大学院電子情報システム工学専攻の田口浩太郎君が、「NTTドコモアプリアワード2012(九州・沖縄の学生を対象としたAndroidアプリのコンテスト)」の企画部門に応募し、参加149作品の中から、見事「優秀賞」を受賞しました。 エントリーした作品名は、「Android 端末を用いた障がいを持つ人のためのコミュニケーション・ツール」。
麻痺などの理由で発話や身体動作による表現が困難な人が、スマートフォンのアプリを使うことによりコミュニケーションをとれるようにと開発したものです。画面に表示された絵を選ぶと、その絵から連想される言葉の一覧が出てきます。表現したい言葉を選択してコミュニケーションをとることができます。文字を入力するなどの細かい動作が無くてもメニューから選択することで言葉(感情)を表現することができるわけです。
   3月9日に西鉄グランドホテルで開催された受賞式において、審査員から「記号から言葉への変換の仕方がおもしろい」「本アプリによって、これまで以上に「健常者」と「ハンディキャップを持った方」とのコミュニケーションがより深く活発になることを期待したい。」と言うコメントを頂きました。授賞式の後のパーティでは、北九州工業専門学校や九州大学などの受賞者らとの交流も行いました。
   この作品は、田口君が大学院で研究している「障がい児のためのコミュニケーション・ツール」をAndroidアプリに応用したものであり、大学院に入ってからこれまで行った学会発表や論文執筆活動などの努力の結果が作品に結び付いたもので、今回の受賞は、その努力への栄誉です。研究に対する評価はもちろんですが、田口君にとっては副賞として頂いた最新スマートフォンが、とてもうれしかったようです。