久留米工業大学

s

新着情報 お知らせ 建築・設備工学科の学生グループが「広川町の空き家の利活用と今後の可能性について」発表会を実施!

新着情報

受験生の方へ

久留米工業大学

新着情報

2017.12.19

建築・設備工学科の学生グループが「広川町の空き家の利活用と今後の可能性について」発表会を実施!

 12月8日(金)に広川町のKibiruで成田研究室の4年生と有志の1年生2グループが、広川町内の空き家の利活用について考えたプレゼンテーションを行いました。このプロジェクトは春から行ってきた調査の成果発表の場です。広川町副町長様をはじめとし役場の担当職員の方、地域の方々30名ほどにお集まりいただきました。

 発表内容は、広川町の利活用の今後を考えるもの、山の手や平地の空き家をモデルとした具体的なデザインなど、合計3つの発表を行いました。学生たちは、大勢の大人たちの前での初めての発表で、かなり緊張していたようですが、貴重な経験を積むことができたのではないかと思います。

 成田研究室では来年も、広川町との新たな共同プロジェクトを進めていく予定です。

 また、新たな展開がご報告できればと思います。

      

 イラスト画像//丹田太雅 TAIGA Tanada