久留米工業大学

s

社会貢献 高大連携授業

社会貢献

受験生の方へ

高大連携授業

社会貢献

高大連携授業

久留米工業大学では、現役高校生に対し、大学教育の一端を体験することで大学教育の認識向上と工学により興味を持っていただくことを主たる目的として、平成16年度から姉妹校である祐誠高等学校との高大連携授業を実施しています。
高大連携授業で実施される講義は、工業系学生対象の「総合工学概論」と、自動車科学生対象の「総合教育概論」があり、実習時間を豊富に用意したプログラムになっており、生徒にとっては、高校教育の枠を超えて工学のおもしろさや奥深さを学習できる貴重な機会となっています。
また、平成21年度より県立浮羽工業高等学校、平成22年度より県立三池工業高等学校および県立八女工業高等学校と協定を結び、夏休みに高大連携授業をはじめました。
久留米工業大学では、高等学校との高大連携授業を進めています。
関心をお持ちの先生は、教務課までお問い合わせください。

高大連携参加実績

年度参加人数
平成17年度 27名
平成18年度 60名
平成19年度 88名
平成20年度 70名
平成21年度 119名
平成22年度 160名
平成23年度 135名
平成24年度 220名
平成25年度 186名
平成26年度 139名
平成27年度 163名
平成28年度 198名

お問い合わせ先

教務課

TEL:0942-22-2345(内線247)/ FAX:0942-21-8770 / E-mail:kyomu@kurume-it.ac.jp