久留米工業大学

s

施設・設備 ものづくりセンター ものづくりセンター

施設・設備

受験生の方へ

施設・設備

ものづくりセンター

image

久留米工業大学は学生の自主的なものづくり教育を積極的に推進しており、例えば、フォーミュラカー、各種競技用ロボット、ソーラーカー、電気自動車や、ハイブリッドカー、建築模型や各種模型など学生の自主的研究活動を支援しています。その集大成ともいえる「ものづくりセンター」が平成21年7月末に完成しました。

このセンターは、金属材料を主とした旋盤・フライス盤などの工作機械、大型サンドブラスト装置、溶接設備に加え、樹脂材料を積層して造形する3Ⅾプリンタ、樹脂材料や木材の切断や溝加工を行うレーザカッタといった各種加工装置を集積した「ものづくりの拠点」としての機能を有しています。学内のものづくり教育や卒業研究装置の試作だけでなく、時間外に学生が自主的に行うものづくりも積極的に推進し、「実践的なものづくり能力の育成」と「ものづくりの楽しさを伝える」ため、教員スタッフがサポートします。

ものづくりセンター オリジナルサイト.

利用案内

本学教職員・学生の利用について

利用時間 9:00~17:00(月~金曜日)
利用規約 久留米工業大学ものづくりセンター規程
ものづくりセンター創造工房の案内
利用申請書 様式1:ものづくりセンター利用申込書
様式2:ものづくりセンタープロジェクト申込書

学外者の利用について

利用案内 大学事務局までお問い合わせ下さい。
連絡先:TEL.0942-22-2345(ものづくりセンター利用案内)

施設案内

  • いろんな工作機械や測定機器を使用については、スタッフがアドバイスします。
  • ものづくりプロジェクトを立ち上げ支援を受けることができます。

image image

加工技術講習

加工の基礎技術を習得し、「安全」な正しい服装や工作機器の操作、工具や測定機器の正しい使用方法を学びます。


image image

溶接技術講習

溶接は、ものづくりにとって必要不可欠な基盤技術であり、あらゆる製造業において活用されており、「安全」な基本作業をしっかり学びます。


image image

木工技術講習

木に触れて「木の良さ」「本物の良さ」を感じてもらい、また物を「作り、考える楽しさ」を感じてもらいます。「安全」な基本作業をしっかり学びます。


image image

ものづくりプロジェクト活動

ものづくりプロジェクト募集

参加資格:
久留米工業大学の学生と教職員がチームを組んで申し込んで下さい。登録されれば、支援の対象となります(支援の相談に応じます)。


創造工房

image

主に金属加工を行なう工場です。


image image

小型ゲッチンゲン型回転式風洞

(財)日本自動車研究所から寄贈して頂いた自動車研究開発用の小型風洞です。環境に優しく操縦安定性に優れた自動車デザインの教育研究を行います。


image

3Dプリンタ/レーザーカッター

3Dプリンタは、コンピュータの3Dソフトで設計した立体をそのまま造形物として成形するものです。本学ではキーエンス社製アジリスタを中核に廉価版Blade-1を10台準備し、広く学内外に解放します。また、大型レーザーカッター2台と廉価版レーザーカッターであるBlasterも10台用意されています。学生の自由な発想と創造を形作る準備は万全です。