久留米工業大学

s

学部学科・大学院 情報ネットワーク工学科 学科紹介

学部学科・大学院

受験生の方へ

情報ネットワーク工学科

学科紹介

楽しく学んで、上達して、IT技術者の夢に接近中。

今、私たちの日常生活も社会も国際的な規模で情報技術 = ITに支えられています。情報技術なしには明日はなく、それは日進月歩で進化し拡大しています。もちろん、その利用スキルを身につけることは、わたしたちにとってはすでに必須科目です。

久留米工業大学の情報ネットワーク工学科では、充実した設備と経験豊かな教員をそろえ、演習や実技を重視した教育で実践力を身につけた技術者を養成します。情報技術の分野では、ハード・ソフト・コンテンツが複雑に連携することで革新的なサービスが生まれています。従って、本学科では、これらの分野の基礎を学んでいきます。

さらに、2年次から、コンピュータによる映像や画像等のコンテンツ制作技術者を育成する「ビジュアルコンテンツコース」、ネット社会の中核を担う情報技術者を育成する「ソフトウェアコース」、ハードソフト両面の技術を広く学び将来の日本を支えるものづくり技術者を育成する「ハードウェアコース」の3コースに分かれ、それぞれの分野で最先端の情報化社会を支える技術者の育成を、きめ細かな教育により目指しています。


  1. 学科の特色

  2. 教員紹介

  3. 目標とする資格

  4. 就職実績

  5. 学科紹介パンフレット

コース紹介

  1. ビジュアルコンテンツコース

    表現力豊かで創作力が光る画像制作技術者「ビジュアルコンテンツクリエーター」を目指します。

  2. ソフトウェアコース

    ネットワークとソフト開発の技術を学びネット社会の中核を担う情報技術者を目指します。

  3. ハードウェアコース

    ハードソフト両面の技術を広く学び将来の日本を支えるものづくり技術者を目指します。

研究ピックアップ

人の動きとプロジェクションによる巨大な「デジタルだまし絵」

講師 工藤 達郎

今年3月、テクノみらい館(100号館)の1階に人の動きを取り込むモーションキャプチャシステムと、床面へのプロジェクションを連携させた実験環境が導入されました。人が今立っている場所や行動に応じて、次に行くべき場所や、するべき行動を床に表示してサポートを行ったり、歩くだけで楽しめるエンターテイメント空間へと変貌させたり。私の専門領域である、動的なプロジェクションマッピング技術を生かした様々な応用を考えています。写真は、人の位置をリアルタイムに反映させたCG映像を投影することで、まるで地面に穴が空いているように見える「デジタルだまし絵」システムを試作したものです。是非動画でご覧ください。

projection AR floor -system test-

VRバーチャルリアリティによる味覚の変化

教授 河野 央 准教授 江藤 信一

ジ色で味覚の感じ方に変化を与える研究や調査結果があります。例えば、山の頂上で飲むコーヒー、港で感じる海の香りなど風景や場所によって私たちの感じる「味」があります。

近年、手軽に入手できるようになったHMD VRを用いると、強烈な没入感と共にバーチャルの世界へダイブすることができます。そこで、電子情報システム工学専攻の大学院生武永君(情報ネットワーク工学科卒)と河野教授、江藤准教授らは、このVRを用いて味覚に変化をもたらすのか実験しています。

現在までに、甘みや塩味、辛みといったものを感じることが分かっており、この現象を味覚のトレーニングシステムに応用しようと試みているところです。このほかにも、VRコンテンツで心拍数が有意に上昇することも確認できており、メンタルトレーニングやダイエットなどに応用できる可能性があります。あなたもVR技術でヒトの感覚を変えてみませんか?

UnityとKinectを用いたインタラクティブな体感型ゲームアプリの試作

教授 吉田 清明

ジェスチャーでさまざまな情報を入力可能なKinect と 複数のプラットフォームに対応したゲーム開発エンジンUnity を用いて、身振り手振りで体を使って操作できる対戦型ゲームの開発に取り組んでいます。現在、1台のKinect を用いて、複数のプレイヤーが2つのチームに分かれて戦う「対戦モード」と、複数のプレイヤーが協力して遊べる「協力モード」がほぼ完成しています。これからの予定としては、遠隔地にいるプレイヤー同士がインターネットを介して同様に対戦可能とする予定です。また、ヘッドマウント型バーチャルリアリティ・ディスプレイとして話題を集めているOculus Rift DK2 にも対応可能として、ゲームとしての臨場感、没入感をより高めて行く予定です。 将来、高齢者の運動促進や運動機能に何らかの障害を抱えている人のリハビリテーションなどに役立てればと考えています。

学科の特長

コンピュータテクノロジーを複合的に身に付け、一歩先のICT技術者になる。

今、私たちの日常生活も社会も国際的な規模で情報通信技術 = Information and Communication Technologyに支えられています。その中心的存在であるコンピュータは、様々な分野に浸透し、現実世界と融合しています。情報技術なしには明日はなく、それは日進月歩で進化し、応用分野も拡大しています。もちろん、そのコンピュータテクノロジーの利用スキルを身につけることは、わたしたちにとってはすでに必須科目です。
久留米工業大学の情報ネットワーク工学科では、充実した設備と経験豊かな教員をそろえ、演習や実技を重視した教育で実践力を重視しています。特に、ハードウェア、ソフトウェア、コンテンツ制作技術の3つの分野を複合的に学ぶカリキュラムを用意しており、多様な情報分野に対応できるようになっています。一つの学科で、CG表現技術からプログラミング、ハードウェア開発まで学べる学科は、全国的にも数少ない存在です。

学科の特長とキーワード

IT技術の基本となるプログラミング教育に力を入れ、ソフトとハードの両面から開発できる人材を育成。インフラとなるネットワーク構築や電子機器の開発から、応用分野となるコンテンツ作成までの幅広い知識と技術を学びます。最新の設備とシステムに加えて、現場での実務経験をもつ教員がていねいに指導してくれるのも特長。アイデアを具現化し、IT分野の最先端にチャレンジする人のための学科です。

学びのキーワード

  • プログラミング
  • アプリ開発
  • 3次元コンピュータグラフィックス
  • ビジュアルコンテンツ
  • ゲーム開発
  • 電子回路
  • PIC(マイクロコントローラ)
  • 組込みソフトウェア

情報ネットワーク工学科の自慢

  • グラフィックス制作からプログラミングまで情報技術の知識を複合的に習得できる
  • デザインにも配慮するソフトウェア開発者のように、付加価値を持った人材を育成
  • 実習・演習を重視した丁寧な教育で応用力を身につける
  • 充実した先端設備と経験豊かな教員スタッフ
  • 情報社会のニーズにかなう多彩な資格取得を支援

関連コンテンツ

  1. 情報ネットワーク工学科PV

  2. 在学生メッセージ

  3. 学科オリジナルサイト

  4. 教育研究上の目的