久留米工業大学

s

学部学科・大学院 情報ネットワーク工学科 コース紹介:ハードウェアコース

学部学科・大学院

受験生の方へ

情報ネットワーク工学科

情報ネットワーク工学科

情報ネットワーク工学科

コース紹介:ハードウェアコース

情報ネットワーク工学科

 

電気回路・電子回路の基礎理論、コンピュータによる制御技術それらを応用した組み込みの設計開発などに関わる科目を通じハードソフト両面の技術を広く学び将来の日本を支えるものづくり技術者を目指します。

学びの特徴

ハードウェアコースでは、産業界からの要望の多い、ハード分野(回路)や組み込みシステムなどについても、基礎から応用まで実習を通して学ぶことが可能になっており、IT分野のものづくりを支える基礎を身につけることができます。

本学学生制作によるハードウェアコースのプロモーションビデオをぜひご覧ください。

 

組込み回路のハードからソフトまでトータルに学習。
マイクロコントローラをコアに、電子回路作成と、回路を意識したプログラミングを学びます。LabViewを使用した高度なインターフェースも学べます
思考を形にできる技術者を育成。
頭の中のアイデアを具体的な形にするための考え方と技術を修得します
実践を基にバランスの取れた技術を養成。
ハードとソフトは情報分野の技術の両輪です。幅広く総合的にモノを見て理解する能力と、実践をとおした経験は将来の進路に役立ちます

主要な科目

ものづくり演習Ⅰ
3Dプリンタ及びレーザーカッターの原理・技術を習得し、自ら創造したデザインを具現化することで、「ものづくり」の基礎を身につけます。
組み込みソフトウェア演習
組み込みソフトウェア開発の入門として、各種センサー情報を利用したロボット制御の基本を学びます。プログラム言語はNXC。ロボットにはLEGO MIND-STRORMS NXTを用います。

学びのポイント

image

組込み回路のハードからソフトまでトータルに学習。

マイクロコントローラをコアに、電子回路作成と、回路を意識したプログラミングを学びます。LabViewを使用した高度なインターフェースも学べます。

思考を形にできる技術者へ。

頭の中のアイデアを具体的な形にするための考え方と技術を修得します。

実践を基にバランスのとれた技術を養成。

ハードとソフトは情報分野の技術の両輪です。幅広く総合的にモノを見て理解する能力と、実践を通した経験は将来の進路に役立ちます。

楽しい学びも

image

電子回路の開発

本学科独自に開発したコントロールパネル(C.P.)やコントロールボード(C.B.)とブレッドボード(B.B.)を活用し、実際のモノに触れながら、能動的に学びます。この演習を通して、コンピュータと実際の回路の接続や各種制御動作の基本を体験します。

image

「組み込みソフトウエア」の実習

本コースで学ぶプログラミング科目では、知識だけではなく実践も重視。 自分でつくった走行制御プログラムをレゴ模型自動車に組み込んで思ったとおりに走らせる、組み込みソフトウエア実習や、自動車の組み込みソフトウエア開発に携る技術者を招いての講義(計画)などで実践力を養おう。

ものづくり演習Ⅰ~Ⅲ

演習で身につけた、回路設計やソフトウェア設計の技術を踏まえて、設計から製作までデジタル時代のものづくりについて学びます。3Dプリンターやレーザーカッター等を用いて、オリジナルの外観を持ったモノを製作し、基盤を組み込んで自分だけの装置を作ろう。

目標とする資格

  • compTIA IT Fundamentals(特別ゼミⅠによる対策あり)
  • ITパスポート
  • 基本情報技術者(特別ゼミⅡによる対策あり)
  • 第2種電気工事士
  • 高等学校教諭1種免許(工業・情報)

将来の進路

製造業のソフトウェア開発、組み込みシステム開発、製造・設計・開発、工作機械関連、精密機械関連、電気・通信設備機器関連企業、教員・公務員・大学院進学