久留米工業大学

s

学部学科・大学院 機械システム工学科 学科紹介

学部学科・大学院

受験生の方へ

機械システム工学科

学科紹介

夢がカタチになり、動き始める。その手応えは圧巻だ。

私たちの生活を支え、社会を支えている「モノ」をつくるのが機械なら、その機械をつくるのも機械です。機械工学とは、必要な「モノ」についてのアイデアから「モノ」を設計し、創り出す学問といえます。

機械システム工学科は、機械工学の基礎を身につけると同時に、IT技術・環境技術を駆使したデザインやロボティクス、メカトロニクスなどの知識や技術を習得できる学科です。最新設備を使った実験・実習やCAD/CAMによる設計・製作など、実践の楽しさを重視した生きたカリキュラムで、社会のIT化に対応できる機械エンジニアを育成します。

また、機械設計技術者やCAD利用技術者などの資格取得を正規の科目として積極的に支援しています。ロボティクスコース、機械デザインコースおよび環境エンジニアリングコースの3コースで、一人ひとりの適性に合ったきめ細かな教育でスペシャリストを目指します。


  1. 学科の特色

  2. カリキュラム

  3. 教員紹介

  4. 目標とする資格

  5. 就職実績

  1. 学科紹介パンフレット

コース紹介

  1. 機械デザインコース

    「モノづくり」や「工学」の基幹となる科目を通じ「機械工学」を幅広く学習します。

  2. ロボティクスコース

    ロボティクスにかかわる科目を通じ機械工学の最先端を学びます。

  3. 環境エンジニアリングコース

    環境にやさしい機械技術者の基礎を学びます。

研究ピックアップ

ロボメカデザインコンペ作品の実用化研究

教授 白石 元

研究室では、7年前から日本機械学会主催の「ロボメカデザインコンペ」に参加して います。このコンペは、社会のニーズを調査し、メカトロニクス技術を用いて、それを実現化するための設計コンテストです。本研究室では、参加当初よりさまざまな提案を行い、優勝2回、入賞5回を果たしています。さらに、その中でも社会ニーズが高そうなものを試作し、実用化の研究を行っています。これまでに竹を自動で伐採するロボットや農作業の収穫を助けるアシスト機器の開発を行い、その成果を産学官交流会でも展示してきました。「自分の技術を社会に役立てる」これは、技術者の喜びであり誇りです。皆さんも本学でこの喜びを体験してください。

アイデアを削り出す3D CNC MACHINING

准教授 澁谷 秀雄

近年、コンピュータ上で設計した立体形状を作製するため、液状樹脂などを硬化させながら積層造形する方式を採用した3Dプリンターが登場し、個人レベルでも手軽に「ものづくり」を実践することができるようになった。一方、産業界では一部3Dプリンターの導入が試みられているが、依然として金属や樹脂などの大きな塊から数値制御(NC)工作機械で削り出す方式が主流である。そこで本プロジェクトでは本学既設の3D-CADと3Dプリンターに加えてNC旋盤・フライス盤を導入することにより、多種多様な形状や素材に対応したものづくり環境を教育・研究の場に提供するとともに、NC工作機械を用いた3次元複雑形状の高精度機械加工を実践している。

水路浚渫(しゅんせつ)機械の開発

准教授 松尾 重明

我国は農業従事者の平均年齢は65.9歳と高齢化の一途をたどっていると同時に、後継者不足やそれにともなう耕作放棄地の増加などが深刻な問題になっています。その一つに水田水路の清掃(土砂の掘り出し)があります。毎年オフシーズンには高齢化した農業従事者がスコップなどを使い、手作業で行ってきました。

本研究室ではこの問題を少しでも緩和できないか?という自治体からの依頼を受け、水田用水路の浚渫(しゅんせつ)機械の設計および試作を行いました。

 設計方針として、①既存の農作業機械を利用。②小型軽量かつ高齢者が容易に操作可能。③構造的にも操作的にもシンプル。という3つの目標を掲げ、卒業研究生と一緒に作り上げました。

 一つの答えとして、一般的な管理機の動力を利用し、アタッチメント方式で土砂を掘り出す機械を完成させました。

関連コンテンツ

  1. 機械システム工学科PV

  2. 在学生メッセージ

  3. 学科オリジナルサイト

  4. 教育研究上の目的