20XX年、
惑星クルメという小さな星では
小さな課題が山積していた。
それらを解決すべく
立ち上がったのが
久留米工業大学の
テクノロジーチームである。

久留米工業大学のテクノロジーで
惑星クルメに起きている地域の課題を解決せよ!

最も新しく、最も身近な
ノリモノで「多様化の時代」
を駆け抜けよ。

詳しくはこちら >

いにしえのパイオニアを
リスペクトし、伝統産業を
バックアップせよ。

詳しくはこちら >

ICTのスペシャリストとして、
注目のプロジェクトを
リードせよ。

詳しくはこちら >

見捨てられ、埋没していく建物。
そのポテンシャルに、
再生の光を当てよ。

詳しくはこちら >

介護する人と、される人。
さまざまなニーズに応えながら、
医療と福祉の新時代を開く。

詳しくはこちら >

大学生の、大学生による、
未来のためのアイデアソン。
それは、発想と発想の競演。

詳しくはこちら >

人々の安全を守っている。
安心を支えている。
生活空間から、サイバー空間まで。

詳しくはこちら >

近道ばかり探す者に、本当の未来はやってこない。
「器用に」「要領よく」「カッコよく」
そんなやり方で獲得できるものには限界がある。
工学の道は、リアルで厳格なものづくりの世界。
だから、学びのステージが大切なのです。
小さなキャンパスだからこそ、
学生一人ひとりの顔と個性を見つめる目がある。
それを支え、導いていくハートがある。
私たちが伝えたいのは、知識と技術。
人間愛と優しさ。そして、強靱な意志と精神力。
この学びの確かさこそ、
可能性と希望のスケールこそを、私たちは誇りたい。
“小”は“大”を上回り、なおそれを超えていく。
久留米工業大学。ここには、
スモールでスマートな大学だから究められる
スペシャルな工学があります。

福岡一小さな工業大学
だからこそ、
解決できることがある。

工学。それは、リアルで厳格な「探究と問題解決」の世界です。ゆえに工業大学は、キャンパスの規模や学部学科の多彩さ、学生数だけで語られるべきではないと久留米工業大学は考えます。
地元に根ざし、地域のさまざまな課題に、きめ細かく、スピード感をもって対処していく。それが可能な「人間味豊かな産業人の育成」こそ、本学の理想であり、使命です。
スモールだからこそスマートに学べるスペシャルな工業大学でありたい。このコンセプトを、「ス」をモチーフとしたタイポグラフィで視覚化。分かりやすく、印象的なロゴマークとキャッチコピーで、私たちの理念を伝えるシンボルとしました。