久留米工業大学

久留米工業大学

教職員採用情報

久留米工業大学工学部 機械システム工学科 教授または准教授 公募

ホーム 大学案内 教職員採用情報久留米工業大学工学部 機械システム工学科 教授または准教授 公募

久留米工業大学工学部 機械システム工学科 教授または准教授 公募

募集人員
1名(教授または准教授)
所属
工学部 機械システム工学科
専門分野
熱工学および流体工学(いずれかには、秀でた専門性を有する)
業務内容
  1. 熱工学および流体工学に関する工学部及び大学院専攻の専門科目の講義、演習等
    {①「流体力学Ⅰ」、②「流体力学Ⅱ」、③「熱力学Ⅰ」、④「熱力学Ⅱ」、⑤「機械工学実験」、⑥「ものづくり演習Ⅰ」、⑦「ものづくり演習Ⅱ」等}
  2. 学生および大学院生の卒業研究・修士論文指導・就職指導等
  3. クラス担任
  4. 教育・研究・広報における学科および大学院運営に関わる業務
  5. その他,学科長から指示された業務
勤務地住所
〒830-0052 福岡県久留米市上津町2228-66
着任時期
2025年4月1日(決定次第、できるだけ速やかに従事できる方)
勤務形態
常勤
給与・待遇

(ア)就業時間:平日 8:30~17:00

(イ)休暇・休日

  1. 土曜日・日曜日・国民の祝日・その他大学が定める日
  2. 年末年始・年次有給休暇・特別休暇等

(ウ)給与:本法人給与規則に基づき支給

(エ)加入保険:日本私立学校振興・共済事業団 加入

応募資格
  1. 関連する専門分野の博士の学位を有する方。
  2. 大学の教育・研究・学生指導・管理運営に理解と熱意を持つとともに、担当科目とそれらの関連科目の教育能力があり、多彩な学習履歴を持つ学生の指導ができる方
  3. 共同研究や外部資金獲得の実績を有する方が望ましい。
  4. 産学連携等の社会連携の実績を有する方が望ましい。
  5. 研究・開発などを意欲的に行う方
  6. 教員としての倫理観・コミュニケーション力を有する方
  7. 地方小規模大学の大学運営に協力的である方
  8. 地域課題解決・学生の成長にやりがいを感じる方
応募方法

以下の項目 (1)~(6) を印刷したもの各1部と電子データ (PDFファイル) を保存した記憶媒体(CD等)をご提出ください。

  1. 履歴書(写真貼付。デジタル写真でも可) ※大学所定のフォーマット以外でも可
  2. 業績書 ※大学所定のフォーマット以外でも可

    1.研究活動学術論文(査読有無)、学会発表、作品、著書、外部研究費獲得実績、特許等

    2.教育活動

    3.その他(学内(社内)貢献、社会貢献、受賞等)

  3. 本学着任後の研究活動及び教育活動における今後の計画・抱負等(A4用紙1枚程度、書式自由)
  4. 主要論文の別刷またはコピー(3編以内)
  5. アプリ開発・作品などの制作物がある場合、それらのポートフォリオ(書式自由)
  6. 応募者本人について所見を求め得る方(2名)の氏名と連絡先(任意様式)
  • その他、選考の状況により別途書類を提出して頂くことがあります。また、面接においで頂く場合の旅費や宿泊費は応募者の負担となります。
  • 提出頂いた書類・記憶媒体等はお返ししませんのでご了承ください。
応募締め切り
令和6年7月22日(月)必着。
応募書類提出先(郵送書類)
〒830-0052 福岡県 久留米市上津町向野2228-66
久留米工業大学 工学部 機械システム工学科長 益本 広久 宛
  • 応募書類は返却いたしません。封筒に「機械システム工学科 教員応募書類」と朱書きし、簡易書留で送付してください。応募に関する個人情報は本件の選考以外の目的には一切使用いたしません。また、応募書類はすべて当方にて責任を持って廃棄いたします。
選考・結果通知
選考内容
第一次選考:書類審査
第二次選考:プレゼンテーション、模擬授業及び面接
  • 第二次選考の内容は、第一次選考の合格者に個別に連絡します。
  • 第二次選考に要する旅費等の経費は、応募者本人の負担となります。
問い合わせ先
久留米工業大学 工学部 機械システム工学科長 益本 広久
〒830-0052 福岡県久留米市上津町2228-66
TEL:0942-22-2345
備考
  1. 本学は多様なキャリアを有する教員の採用を推進しており、大学や企業等での勤務経験のある方の応募を期待します。
  2. 本学は国際化への取り組みを推進しており、教員・学生の国際交流事業や教員の海外派遣等に理解のある方の応募を期待します。
  3. 本学は男女共同参画を推進しており、女性の積極的な応募を期待します。

大学案内

資料請求
工学を学ぶことは「ものづくり」の楽しさを学ぶこと。
先人たちの「ものづくり」の魂を受け継ぎながら、明るい未来へとつないでいく、
久留米工業大学についての詳しい資料をお送り致します。
資料請求する