HOME>オープンキャンパス >2018年 ものづくりコンテスト:情報ネットワーク工学科

オープンキャンパス

2018年 ものづくりコンテスト:情報ネットワーク工学科

インドアプレーンを作ろう2018

インドアプレーンとは、室内で飛ばす軽量模型飛行機のことをいいます。このコンテストでは、PICマイコン、バッテリー、モーター、センサー等を搭載し、送受信機を備えた、いわゆるラジコン式の電動モデルを指します。指定された材料のみを使用して、実際に飛ぶ機体を独自の発想で作り上げる、もしくは、市販のゴム動力式飛行機を電動機として改造し、飛行する物を作り上げる等の創意工夫の経過と技術力をプレゼンテーションと飛行披露等により競い合うコンテストです。コンテストは、レベルに応じて2部門設定しています。

コンテストの概要

コンテストの課題

● 制作条件

各部門に応じて、基本回路やパーツ等を提供します。
機体材質はスチレンボード等自由ですが、動力等は学科が提供するモーターとバッテリ、プロペラのみを必ず使用してください。組み立てに必要な工具、端材等は各自でご用意ください。製作についての参考情報は、Webページをご覧ください。
http://www.kurume-it.ac.jp/in/ip/

初級者向け フリーフライト部門

動力によるフリーフライトの飛行機を作ります。
審査は、機体設計、デザイン、実際に飛ぶかどうかに論点を置きます。

中上級者向け・・ リモコン飛行機部門

全てを自分たちで作り上げて飛ばします。自分たちで送受信回路を設計製作し、発表します。受信機の小型軽量度合い、送信機の高機能度合いや回路の工夫に論点を置きます。
※市販あるいは完成品の送受信機、市販機体や市販ギアダウンユニット等の利用は認めません。市販のギアを組み合わせて、ギアダウンユニットを作ることは認めます。

● 応募資格

image

 参加できる方は高校生のみです。3名以内のグループ単位で参加できます。参加のお申し込みは、エントリーする部門を選んで、専用の申し込み用紙(上記Webからダウンロード可)をご使用ください。なお、支給パーツには数に限りがありますので、参加制限をする場合があります。

開催日時

平成30年8月4日(土)9:30~15:00
時間は参加チーム数によって変更する場合があります。

審査について

● 審査方法

コンテスト日時までに、創意工夫して、機体を組み立て、プレゼンテーションの準備をしてください。パワーポイントでのプレゼンテーションを推奨します。製作過程のプレゼンテーション(形式自由)や飛行披露により、審査します。

● 審査員

審査は、参加者による投票ならびに、本学科教員(審査委員長:本学科学科長)とします。

● 入賞

審査により優勝・準優勝・3位を決定し、表彰します。また、入賞者は入試の出願資格を満たしている場合、情報ネットワーク工学科のAO(アドミッションズ・オフィス)入学試験の「ものづくり」区分に出願することができます。
※参加者が少数の場合や審査レベルに達していない場合は、賞を減らす場合があります。

審査結果

フリーフライト部門

審査結果学校メンバー
優勝 祐誠高等学校 西田 蘭丸
小堺 風我
古賀 彰良
準優勝 福岡工業高等学校 中村 皇
百田 大我
澤村 陸玖
3位 香椎工業高等学校 宮尾 聖也
松村 洸人
佳作 香椎工業高等学校 疋田 典明
甲斐 壮真
佳作 日田林工高等学校 後藤 一咲
森山 勇希
穴井 学人
佳作 日田林工高等学校 穴井 誠馬
桑野 真尋
瀬戸 雄馬
佳作 福岡工高等学校 橋本 和基
濱本 晃
佳作 祐誠高等学校 野田 裕貴
堤 皓紀
杉本 駿
佳作 祐誠高等学校 佐藤 司教
金子 湧二朗
副枝 聖樹

リモコン飛行機部門

審査結果学校メンバー
優勝 博多工業高等学校 白崎 玄樹
渡久地 純哉
冨高 元哉
準優勝 浮羽工業高等学校 倉地 雄太
丸山 耀
鐘ヶ江 翔
3位 福岡工業高等学校 下村 将弘
横尾 海聖
佳作 浮羽工業高等学校 古川 桃也
岩橋 俊介
高嶋 真徳
佳作 香椎工業高等学校 松田 太陽
村田 海和
田中 悠雅
佳作 鳥栖工業高等学校 大園 達也
福田 匠太
藤川 稜大
佳作 福岡工業高等学校 小渕 恵人
伊藤 史射


  • オープンキャンパス
  • ものづくりコンテスト
  • 新棟完成予定
  • 久工大生・卒業生インタビュー
  • kurume Tech-girl
  • キャンパス見学会
  • 入試情報
  • 進学相談会
久留米工業大学ホームへ