HOME>オープンキャンパス >2015年ものづくりコンテスト:建築・設備工学科

オープンキャンパス

2015年ものづくりコンテスト:建築・設備工学科

建築設計競技「ペットと暮らす住宅」

image

太古の昔から人々はペットとともに暮らしてきました。例えば、イヌはオオカミの家畜化から始まり、やがてペットとなりました。また、ネコはネズミの駆除目的の動物がやがてペットとなったもので、古代エジプトでも飼われていたと言われます。現代ではペットは家族の一員として、またパートナーや仲間として人々の暮らしに密接に関わっており、人々と共生し、人々の心を癒す存在となっています。特に、現代日本の2人以上の世帯では、その約半分でペットが飼われていると言われます。今回は、何らかのペット(生きた動物であること。種類や大きさは自由。)を想定して、そのペットと暮らす住宅をデザインしてみましょう。従来の枠にとらわれない自由なアイデアを募集します。

コンテストの概要

コンテストの課題

● 設計条件

image

提案する住宅は、戸建て住宅とします。家族構成は4名[夫婦+子ども2人(男子12歳と女子10歳)]とします。また、敷地の大きさと形状は、東西20m x 南北20mの正方形で、北側に幅員6mの道路が接するものとします。これら以外の諸条件、例えば住宅の規模、構造、外構、敷地周辺の状況などは、応募者の自由設定とします。

● 作品の提出

A2サイズ(420mm x 594mm)の用紙1枚に、作品タイトル、設計趣旨、図面を自由にレイアウトして下さい。図面は縮尺1/100で、配置図兼1階平面図、2階以上の各階平面図(2階以上がある場合のみ)、立面図(1面)、断面図(1面)とします。
尚、上記の図面以外に、その他の図面、スケッチ、建築パース、イメージ写真、模型写真等を掲載することは、応募者の自由設定とします。表現方法は、青焼、鉛筆、インキング、着色、プリントアウトなど自由です。A2用紙はパネル化せず、ボードに挟むか筒に入れて提出して下さい。

● 応募とプレゼンテーション

応募できる方は、3名以内のグループまたは個人の高校生です。応募する場合は、大学のホームページに掲載する申込用紙にて、事前登録をして下さい。また、提出するA2用紙の裏面に、応募者全員の氏名、高校名(コース名、学年)、連絡先を記入して下さい。
また、応募者は本学のオープンキャンパスに来場し、1作品につき約5分のプレゼンテーションを行うことを応募の条件といたします。

送付先:
〒830-0052 久留米市上津町2228-66 久留米工業大学広報課 ものづくりコンテスト事務局(朱書きで「建築設計競技応募」と書き添えて下さい。)

開催日時

事前登録締切:平成27年7月1日(水)迄 終了致しました。
作品提出締切:平成27年7月31日(金)必着 終了致しました。
プレゼンテーション:平成27年8月8日(土)13:00~15:00終了致しました。

審査について

● 審査方法

応募作品とプレゼンテーションの両方を審査して、建築・設備工学科教員全員で協議の上、入賞者を決定します。

● 審査員

久留米工業大学工学部建築・設備工学科全教員 (審査委員長:吉住 孝志 学科長)

● 入賞

1等、2等、3等、佳作(複数点)を決定し、2015年8月のオープンキャンパス時に表彰します。また、応募作品を展示します。佳作を含めた入賞者は、出願の条件を満たしている場合、本学工学部建築・設備工学科のAO(アドミッションズ・オフィス)入学試験の「ものづくり」区分に出願することができます。

● 作品の返却

応募作品は、入賞発表後3ヶ月以内に高等学校に郵送します。応募作品の公開(展示・出版)は、本学の判断で行うことができることとします。

審査結果・講評

審査結果

審査結果学校メンバー
優勝 大分工業高等学校 後藤 さくら
準優勝 塩田工業高等学校 松尾 栄秋
栗山 巧己
3位 塩田工業高等学校 伊東 雅矢
吉村 凪沙


  • オープンキャンパス
  • ものづくりコンテスト
  • 新棟完成予定
  • 久工大生・卒業生インタビュー
  • kurume Tech-girl
  • キャンパス見学会
  • 入試情報
  • 進学相談会
久留米工業大学ホームへ