HOME>オープンキャンパス >2012年ものづくりコンテスト:情報ネットワーク工学科

オープンキャンパス

2012年ものづくりコンテスト:情報ネットワーク工学科

インドアプレーンを作ろう!

image

インドアプレーンとは、室内で飛ばすことを前提にした軽量模型飛行機のことをいいます。今回のコンテストでは、PICマイコン、バッテリー、モーター、センサー等を搭載した、送受信機を備えた、いわゆるラジコン式の電動モデルを指します。
本学科が指定する材料のみを使用して、実際に飛ぶ機体を独自の発想で作り上げる、もしくは、市販のゴム動力式飛行機を電動機として改造し飛行する物を作り上げる等の創意工夫の経過と技術力をプレゼンテーションと飛行披露等により競い合うコンテストです。

コンテストの概要

コンテストの課題

● 制作方法
image

PICライター、指定パーツ等の材料は大学より支給(貸与あるいは贈与)します。詳しくは、エントリー後にお知らせするWEBサイトをご覧ください。接着剤、ナイフ等組み立てに必要な工具、端材等は各自・各グループ等でご用意ください。

● 制作課題
image

コンテスト日時までに創意工夫して機体を組み立て、プレゼンテーションの準備をしてください。審査はコンテスト当日のプレゼンテーションにて行います。

● 応募資格

個人または3名以内のグループ・クラブ(同好会)等を基本単位として制作します。参加できる方は高校生のみです。

開催日時

平成24年8月5日(日)  ※終了致しました。

審査について

● 審査員

製作過程のプレゼンテーションや飛行披露により、創意工夫点と技術力を審査します。
参加者による投票ならびに、本学科教員(審査委員長:本学科学科長)による審査とします。

● 入賞

審査により大賞・優秀賞・入賞(数名)を決定し、表彰します。また、入賞者は入試の出願資格を満たしている場合、情報ネットワーク工学科のAO(アドミッションズ・オフィス)入学試験の「ものづくり」区分に出願することができます。

※参加者が少数の場合や審査レベルに達していない場合は、賞を減らす場合があります。

審査結果・講評

審査結果

審査結果学校メンバー
優勝 日田林工高等学校 守永 滉平(3年)
梶原 崚平(2年)
小野 耕平(1年)
準優勝 鳥栖工業高等学校 池田 雄太(3年)
野中 啓史(3年)
松尾 祐樹(3年)
3位 浮羽工業高等学校 岩橋 拓人(3年)
末吉 蒼典(2年)
小森 暁登(2年)
3位 八女工業高等学校 川? 将斗(2年)
冨安 香織(2年)
山本 麻微(2年)
佳作 浮羽工業高等学校 田島 大暉(3年)
足立 拓矢(3年)
小河 亮太(3年)
佳作 福岡工業高等学校 本薗 智史(3年)
佐藤 永佳(3年)
佳作 福岡工業高等学校 前田 和希(3年)
末次 師(3年)
木村 貴之(3年)
張 亨準(3年)
佳作 八女工業高等学校 山本 拓哉(2年)
梅? 貴義(2年)
佳作 八女工業高等学校 大津 椋太郎(2年)
今村 光児(2年)
宮嵜 鋼(2年)
佳作 祐誠高等学校 古川 智章(3年)
牛島 奨一(3年)
上野 修平(3年)
佳作 祐誠高等学校 相田 充樹(3年)
蒲池 恭明(2年)
小森 文雅(1年)

講評

 本年度からの試みであるインドアプレーンコンテストにご参加いただき、ありがとうございました。ものづくりの重要性が叫ばれる中にあって、プラモデル感覚で作り上げるイージーな手法では、もはや創造力の育成は困難との考えから、あえて難しい、工学は苦しいけど楽しいを根幹に据えた今回のコンテストでした。
 参加チームは11チーム(各チーム3名編成)で、それぞれに工夫を凝らし、努力の結果を披露して頂いた事に感謝いたします。

優勝(日田林工高等学校)

 基本に忠実に機体を組上げていました。パーツ損壊のトラブルさえ無ければおそらく無事に飛行したと思われる機体でした。バランス等の検討も必要充分であり、回路作成に苦労した事も伺えます。プレゼンテーションも筋道を立てて丁寧であり、高く評価する物です。

準優勝(鳥栖工業高等学校)

 飛ばす事を前提に機体を組上げていました。ギアダウンユニットを使用してトルクを稼ぎ、また、モータを小型化する事で重量軽減を図っていました。また、市販の送受信機を組み込む事により回路的な難易度を下げる事を実現し、如何に飛ぶかに集中苦心された事が伺えます。

3位(浮羽工業高等学校)

 IrDAリモコンの到達距離の実測や、回路製作等で苦労した点をアピールされていました。回路的な障害を少しずつ克服して行く姿に、ものづくりのへの積極的な姿勢を伺う事ができました。次回こそは飛ぶように期待しています。

3位(八女工業高等学校)

 男女混成チームであり、デザインセンスにあふれた機体を披露して頂きました。また、指導教員の機体も臨時参加するなど、和気あいあいとした雰囲気にあふれるチームでした。

当日の様子はフォトギャラリーにも掲載しています.



  • オープンキャンパス
  • ものづくりコンテスト
  • 新棟完成予定
  • 久工大生・卒業生インタビュー
  • kurume Tech-girl
  • キャンパス見学会
  • 入試情報
  • 進学相談会
久留米工業大学ホームへ